2015年02月08日

陽木かれんちゃんイベント@東幼書店川口店

 新人AV女優・陽木(はるき)かれんちゃん(18歳)のDVDイベントに参加です。

 かれんちゃんのイベント参加は、デビューイベントに続いて、2回目です。

IMGP1662L.gif
↑告知ポスター。

 場所は、埼玉県。JR川口駅北口から、歩いて5分にある、東幼書店川口店。時間は、17時30分より。

 初めて行く店。

 開店11時過ぎに、DVDを買って、イベントチケットをゲット。奮発して、3枚券。

 ちなみに東幼書店千葉店では、11時30分から、かれんちゃんのイベントをやっていて、川口店は第2部ということになります。

 川口店では、11時30分からは、桜井郁ちゃんのイベントです(千葉店の17時30分からは、桜井郁ちゃん)。

 さて、17時30分。

 店内に行って見ると、6〜7名集まっています。デビューイベントは、大健闘の客入りだったんですが、やっぱり秋葉原と違って、川口だと、交通の便の悪さがありますね。

 逆にここに集まった人は、早くも濃いファンとも言えると思います。私も、かれんちゃんに会いたくて、わざわざ川口まで足を運んだわけですし。

 イベント、スタートです。

 ここのイベントは、特典別に4周するみたい。

 DVD1〜2枚購入者までは、2周。

 すなわちー1周目は1人ずつサイン&握手会。2周目は、私服個人撮影会1分間&ツーショット撮影2枚。

 DVD3枚購入者は、もう1周。

 すなわちー下着個人撮影会1分間&ツーショット撮影2枚。

 DVD4枚購入者は、もう1周。

 下着をその場で生脱ぎ→証拠チェキ&下着プレゼント。

 4枚購入者は、千葉店か川口店の第1部(午前)のDVD購入者のことを指しており、第1部のチケットのイベントチケットを持っているってことが参加条件。そこが東幼書店の特殊なところ。うーん、複雑&燃える商魂。

 以上説明、終わり。ふー。

 で、サイン会です。

 かれんちゃん、デビューイベントでもそうですが、落ち着いてます。ニコニコして、お出迎え。

 用意されている、色紙にサインをお願いしました。

 ジェントルマン(AVメーカー)から出た新作、良いですねと伝えるとー

かれん「『かれん』ってやつですね。あれ、評判良いんですよ(笑顔)」
私「性癖がバレたというか、男性の臭いであんなに感じるって(笑)。Mだけじゃなく、Sも良いですよね」
かれん「(Sを褒められて)ありがとうございます!Hは、いつも素ですね(照)」

IMGP1714L.gif
↑かれんちゃんサインと、特典の生写真2枚。

 握手と特典の生写真2枚をもらって、一旦退出。

 サインには、「私、変態です(テヘペロ)」というコメント(笑)。天真爛漫な子ですねー。デビュー間もないのに、早くも逸材ぶりをみせるかれんちゃん。

 2週目が始まったのが、18時40分頃かな。結構待ちました。私服個人撮影会&ツーショット撮影会。

 淡いピンクのハイネックに、真珠っぽいネックレスを合わせて、淡い黄色のフレアミニスカート、黒のニーハイです。ロリ全開の私服です。可愛いです。

 清純そのもので、とても変態とは思えない(笑)。

 続いて、ツーショット撮影、2枚撮影。スタッフに自分のデジカメをあずけて、撮ってもらいました。腕を組んでと、かれんちゃんと私の指と合わせてもらってハートの形をしてもらったり。
 
 ここからさらに1時間くらい待って、3週目。下着個人撮影会&ツーショット撮影会。

 下着は、水色のリボンがポイントの、黄色い無地下着でしたね。かわいい系の普通の下着です。

 ツーショット撮影は、私服撮影と同様のポーズで。かれんちゃんは良い子で、画像確認の時間もちゃんと待ってくれます。

 話も面白いし、気さくだし、気遣いも出来る良い子です。今後、ますます人気が上がる子でしょうね。

 かれんちゃん、イベントお疲れ様でした!


※東幼書店千葉店&川口店での、イベントの様子です。

2015/2/8 陽木かれんちゃん東幼書店 千葉店・川口店イベント


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 22:26| セクシーアイドル(18禁)

2015年01月25日

葉山瞳ちゃんイベント@プレジャ秋葉原店5Fイベントフロア

 AV女優・葉山瞳ちゃん(21歳)の、DVD発売イベントに参加です。

 場所は、東京・秋葉原。アミューズメントマーケット・プレジャ秋葉原店5Fイベントフロア。時間は、13時より。

IMGP1653S.gif
↑告知看板。

 彼女は、以前違う名前で、2013年に某メーカーからAVデビューしましたが、今年からAVメーカー・MAXINGより、「葉山瞳」として、新生デビュー。

 すでに昨年には、葉山瞳名義で、写真集を発売しております。

 私は、前の名前時代から、密かにファンだったので、今回の新生した姿に会いたいと、はせ参じた次第。

 13時を少し回って、イベントはスタート。ニコニコで、瞳ちゃん登場。

 おお、この笑顔、久しぶりだなぁ。

 以前いた某メーカーでは、独自のネット配信番組月2回くらいでやっていて、専属女優達がゆるいトークをやるんですが、そこでの瞳ちゃんは、いつもニコニコでした。すごく、人当たりが良かった。

 紺のニットの七分袖セーターに、白いミニスカ、キャメル色のブーツです。

 まずは、撮影タイムから。

 2名一組で、1分間。

 まぁイベント慣れしてないようなので、ポーズ指定してあげて下さいとマネジャーさん(?)が言ってましたが、瞳ちゃんは一生懸命自分からポーズしてました。

 グループ撮影タイムで、慣れてない子にポーズ指定しちゃうと、戸惑って固まっちゃって、かえってタイムロスになっちゃいますからねー。

 続いて、ツーショット撮影タイム。

 ここの会場は、ソファーがあるので、私は瞳ちゃんと座って撮ってもらいました。

 そして、サイン会。

 前の名前の時からファンで、ブログとかツイッターとか書き込んでますよと言いますと、なんかHNを覚えてくれていたようで。

 私が、デビュー作から比べて、感度良くなってますねと言うと、

瞳「そう!自分でも感度良くなってると思います、ふふふ(笑)。写真集も買ってくれたの?ありがとう。あれは、沖縄で撮ったんですよ〜」

IMGP1661L.gif
↑瞳ちゃんのサインと生写真。

 握手して、生写真を頂いて、退出。

 ほんとは、3枚購入して、この後、水着の個人撮影会&ツーショット撮影会に参加したかったんですが、予算の関係で断念。残念。

 瞳ちゃんは、前のメーカーでは扱いが恵まれてなかった感じだし、これからどんどん、こういうイベントしていって欲しいですね。

 瞳ちゃん、イベントお疲れ様でした!

 
※この日のイベント後の、感想コメント映像です。

 個人撮影会の水着は、こういうビキニだったんですな。

葉山瞳ちゃんよりコメントをいただきました


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 18:56| セクシーアイドル(18禁)

2015年01月20日

初めて、カレーの市民 アルバ

 この前、1月12日に秋葉原に行った際の昼飯話。

 「カレーの市民 アルバ 秋葉原店」。初めて入ったお店です。

DSCN4591S.gif
↑カレーの市民 アルバ 秋葉原店。

 まんだらけコンプレックスのすぐそば。野郎ラーメンの並びにあります。

 昨年あたりから見かけたお店で、カレーが好きなので、気にはなってました。

 午後1時過ぎなので、店内はそこそこ混んでます。カウンター席に通される。

 メニューを見て、とりあえず、無難にカツカレーを注文。

 ここは、石川県周辺=北陸圏の金沢カレーのジャンルに入るらしいです。

 ああそうか、そう言えば、首都圏を席巻していて、秋葉原にも2店舗ある「ゴーゴーカレー」も、元は、金沢カレーだもんなぁ。

 で、来ました、カツカレー。

 アルミ製の銀食器に、キャベツが添えられて、ドロッとしたルーとご飯に、トンカツ。金沢カレーですね。

DSCN4590L.gif
↑アルバのカツカレー。

 ルーは、ショッパ目。ゴーゴーカレーよりも、しつこくないし、上品な感じかな。好みのショッパ辛さで、美味しい。

 ご飯は、少し少な目かな。ルー、ご飯両方とも、有料にて、大盛りに出来るようです。

 値段は、750円だったかな?無難な値段かな。

 他にトッピングは、チキンカツとか、エビフライとか、ウインナー、牛のあいがけなど、あったと思います。

 また入ってみようかなって、思うお店です。


※特撮コメディ『ロボット110番』(1977年/原作:石ノ森章太郎/東映)から、OP「ロボットガンちゃん110番」&ED「バッテンパンチの唄」。TVサイズ。

 心がホットしますね、ここら辺のコメディ路線は。

ロボット110番OP ED 


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 22:06| B級グルメ

2015年01月17日

陽木かれんちゃんデビューイベント@MIS秋葉原店5Fイベントフロア

 新人AV女優・陽木(はるき)かれんちゃん(18歳)のデビューイベントに参加です。

 場所はお馴染み、東京・秋葉原。MIS秋葉原店5Fイベントフロア。時間は、16時より。

 この日は、すぐそばのソフマップ1号店で第1部を行っているはずで、MISは第2部となります。

Kren-hHruki-2015-S.gif
↑DVD写真より、陽木かれんちゃん。

 16時を15分も押して、ようやくイベントスタート。

 ここは、並んだ順でイベント参加です。

 今回のイベントは、デビューイベントということでか、特典がいっぱい。

 DVD1枚購入から、グループ撮影に加えて、ツーショット撮影あり。

 2枚購入からは、水着(ビキニ)のグループ撮影+ツーショット撮影。

 さらに3枚購入者には、サランラップ越しにキスとハグ。

 まさに大盤振る舞い。新人さんで、ここまでオープンというのも、珍しいですね。

 さて、フロアに入場して、初めて見るかれんちゃんは、DVDのまんまというか、幼いルックスのまんまですね。黒髪&ショートで、背が低くく、可愛い。

 セーラー服に白のルーズソックスのコスプレ姿。ルーズなセーラーなので、ちょっと手を挙げると、すぐヘソが見えますし、胸元も伺えます。

 「短い時間ですけど、楽しんでいって下さい」という挨拶で、撮影会スタート。

 グループ撮影は、三人一組で、1分間。

 まだポージングに慣れてないし、目線を端から順に送ることも分かってないので、こちらが教える感じです。

 続いて、ツーショット撮影。

 スタッフにこちらのデジカメを預けて撮ってもらうのですが、上手く撮れないというか。

 どうも回りの関係者も、かれんちゃん同様イベントが初めての様子で、どうりでかれんちゃんも段取りが分かってないはず。

 でも撮り直しにかこつけて、その間かれんちゃんと腕組んでいられたから、それはそれで嬉しかったかも。

 そして、サイン会。

 MISがミニサイン色紙を用意してありましたが、私は持参した通常サイズのサイン色紙に書いてもらいました。

 私が「DVDだと、初めてだと思えないほど堂々としてたけど、今日はどう?」と聞くとー

かれん「始まってみんなの前に立ったとたん、胸がばくばくしちゃって、まだ緊張してます」

私「猫の絵があるけど、猫好きなんだ」
かれん「うん(笑)。飼ったことなんだけど、家のまわりに、いっぱいいるんです」

IMGP1613L.gif
↑かれんちゃんのサイン。

 彼女は、見た目は全然緊張しているようには見えないです。堂々としているし、日付けも書き間違えないし。

 でも実は緊張しているという、かれんちゃんです。

 作品でも、幼いルックスで、ほんと堂々とハードな内容をこなしてましたからねぇ。

 握手して、退出。

 2枚購入特典のグループ撮影会開始は、MISスタッフに確認して、1時間後というので、そのくらいに再度集合します。

 17時30分頃MISに行って見ると、2枚購入特典撮影会は、すでに始まってました。

 30分くらい並んで、かれんちゃんの前へ。

 ビキニは、紺のストライプ柄で、ほぼ実用性のないであろうピチピチタイプ。

 三人一組の撮影タイム、1分間。しゃがみポーズは、NGです。

 ここの難点は、とにかく照明が暗い。なので、ほんと暗く写ってしまう。

 たたでさえ、私の腕が未熟で、ピンがぼけてしまうから、よけいダメな写真になってしまう。

 なんとか、照明機材を導入して欲しいな−。

 はにかんだ表情で、初々しいポーズを披露する、かれんちゃん。

 続いて、ツーショット撮影。今度は、いくらか手慣れたスタッフさんが、撮影してくれました。

 そして彼女と握手してもらい、会釈して退出すると、手を振ってくれました。

 なお、3枚購入者の人の特典の様子を見てましたがー

 ラップ越しのキスですが、ほっぺにチューかと思ってたら、口と口なんですなー。かれんちゃんは、ここまでオープンなんだ。

 で、そのラップは、ファンがお持ち帰りです。

 ハグは、ファンがかれんちゃんに手を触れないように両手をバンザイした状態で、かれんちゃんがファンの腰に抱きつくもの。これも抱きつかれたファンは、すごい感触でしょう。

 もうギリギリのサービスだなー。

 そんなことで、イベント終了。

 かれんちゃんは、可愛いし、明るいし、サービス精神もある。それとまだ18歳なのに、人前で物怖じしない度胸もあるし、今後が楽しみですね。

 かれんちゃん、初イベント、お疲れ様でした。


※可憐Girl'sで、「Over The Future」(2008年)。「かれん」つながりで(苦笑)。

 もしかしたら、メンバーの武藤彩未ちゃんと陽木かれんちゃんは、同い年か、そんなに歳はかわらないかも。彩未ちゃんは、1996年生まれで、4月29日に19歳になるので。

 まぁかれんちゃんが、本当に公称通り18歳ならば、ということですけども(汗)。

可憐Girl's - Over The Future


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 23:20| セクシーアイドル(18禁)

2015年01月14日

今年、初イラスト

 映画『妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』から、イラスト描いてみました。

 主人公ケータのおじいちゃん=ケイゾウとおばあちゃんのユキッペ。

Keizo-&-Yukippe-S.gif

 映画のその後を想像した絵です。

 映画を観てない人には、意味分からんちんの絵でしょう(汗)。

 画材は、つけペン、コピックチャオ。Photoshopでレタッチ入れてます。


※今日はなんでも、「タロとジロの日」だそうで。

 1956年、南極観測のため昭和基地で、第一次越冬隊と15頭の樺太犬が、越冬。

 1958年、第二次隊員と引き継ぎ。しかし悪天候で第二次越冬隊は、基地に容易に近づけず。

 結局第一次隊員の救出を優先し、樺太犬15頭を、鎖につないだまま昭和基地に置き去りにする。

 1年後第一次越冬隊員が南極基地を訪れると、タロとジロだけ、生き残っていたーという有名な話。

 今思い返せば、酷い話だなぁと思いますけども。
 
 その日が今日だったことから、「タロとジロの日」だそう。

 そんなわけで、映画『南極物語』(1983年)メインテーマ、ヴァンゲリス「Theme From Antarctica」。

 高倉健が主演した映画で、当時大ヒットした映画。私も観に行きましたなぁ。なんでも、1997年に『もののけ姫』が登場するまで、歴代邦画興行成績1位だったそう。

Theme From Antarctica - Vangelis


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 19:53| 創作・制作日記

2015年01月12日

SOD宣伝部・市川まさみさんデビューイベント@ラムタラエピカリアキバ5Fイベントフロア

 大手AVメーカーSOD宣伝部社員で、この度女優デビューも果たした市川まさみさん(23歳)のデビューイベントに参加してきました。

 場所はおなじみ、東京、秋葉原。ラムタラエピカリアキバ、5Fイベントフロアにて。時間は、12時より。

IMGP1527S.gif
↑店内告知。

 白石茉莉奈さんのイベントで、お手伝いの一人で参加しているのを見かけて、可愛いし、話しかけても気さくで良い子だなって思っていたのですが、この度AVデビューです。

 SOD社員からAV女優デビューは、彼女が三人目かな?

 開始30分前にエピカリアキバに行ってみたら、すでに階段通路には、長蛇の列。今日がデビューイベントなのに、すでに大人気です。3階下まで、列が伸びてまして、私は最後尾。出遅れました。

 12時定刻通り、イベント開始。

 私が5Fフロアに行けたのは、12時開始から数えると、40分後くらいかな。並びはじめから思えば、1時間以上。

 今回は、DVD1枚購入で、グループ撮影+ツーショット撮影あり。サイン会はなしで、生写真がつきます。

 サインがないだけ、これでも進行は早いでしょうね。

 まさみさんの前に行けたのは、もう1時を過ぎていたかなぁ。

 まさみさんは、SODの紺のスカートに、上は紺のジャケットに縦縞ストライプシャツ、首から社員証を下げてます。そして、トレードマークの目がねと、黒髪ポニーテール。

 グループ撮影は、三人一組で、1分間。

 まさみさんは、まだ慣れてなくて、ファンの方と話してしまい、結果社員さんの「撮影スタート」の声が聞こえなかったらしく、私の組の時は冒頭10秒くらいポージングを忘れていて、撮影タイムが損しちゃったと言うか(苦笑)。

 でも、可愛かったなぁ。

 続くツーショット撮影でも、グッと顔を寄せ腕組んでくれましたし。

 素人っぽさというか、真面目で飾らない誠実な感じが、まさみさんの魅力ですね。

 最後に生写真を頂きながら、彼女の公式ツイッターに書き込んでる旨を申し上げると、私のハンドルネームを覚えて下さっていて、嬉しかったです。

IMGP1608S.gif
↑生写真。

 これは、ますます彼女のファンは増えていくでしょう。

 まさみさん、初イベント、お疲れ様でした!

※市川まさみさんのデビューイベント後の感想動画です。

SOD女子社員『市川まさみ』さんデビューイベントコメント動画


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 20:00| セクシーアイドル(18禁)

2015年01月11日

中村佑介先生『NOW!』発売記念サイン会@リブロ池袋本店

 人気イラストレーター・中村佑介先生(1978年兵庫生)のサイン会に参加してきました。

 場所は、東京。西武百貨店池袋本店別館、リブロ池袋本店2F芸術フロア特設会場。時間は、13時より。

 作品集『NOW!』(飛鳥新社)の発売を記念してのサイン会です。

 12時40分頃現着すると、すでに並んだ順にサイン会がさくさく始まってました。

 中村先生は、絵を添えてサインを描く方で、しかもファンとの会話も大切にする方でもあるので、ファン一人当たりに時間がかかる。

 なので、並んでいるファンを長時間待たせないため、どんどんさばいていこうってことかもしれません。

 待ち時間に、長机の上に写真撮影可の作品展示が平置き、撮影してみました。

 長机と垂直にリブロの電光看板があって、作品に看板の光が反射しちゃって、撮影しづらい。展示方法、工夫して欲しいなー。

DSCN4578S.gif
DSCN4579L.gif
DSCN4588S.gif
↑撮影可の原画。キレイな描線と色彩です。

 10分程待って、私の番が。結構早めに番が来ました。

 今回は『NOW!』以外にも、過去に出版された先生の作品集もサイン会参加の対象書籍になっております。

 なので私は『NOW!』と、昨年小学館から出版された『きららちゃん』も同時購入しておいて、2冊サインをお願いしました。『きららちゃん』は、発売当時サイン会あったんですが、参加出来なかったので。

DSCN4600L.gif
↑サインを入れて頂く、『NOW!』(左)と『きららちゃん』。

 先生はサインペンで、お得意いの少女の横顔をサラサラ描き上げてます。

 描いて頂いている間私が、「絵や色遣いから80年代のCMや音楽のイメージとかを感じて、なんか80年代の楽しさが一杯つまった感じの画集に感じました。見当違いだったら、すみません」と申し上げると、「僕も、80年代に育った子ですからね(苦笑)。実は、ウチの母親も、同じようなことを言ってました」と先生。

私「あだち充先生がお好きなんですよね」
中村「あだち先生は、すごいですよね!未だに自分の絵に飽きてないのが、すごいです。鳥山明先生も好きですけど、今の絵は、苦しんで描いてる感じで、見てられないもんなぁ。僕が40代になっても、あだち先生みたいになっていられるか、不安です(苦笑)」

 先生と握手して頂き、スタッフ(編集さん?)からポストカードを頂いて、サイン会終了。

DSCN4601S.gif
↑『NOW!』へのイラストとサイン。

DSCN4604S.gif
↑『きららちゃん』へのイラストとサイン。

 素人の持論をプロに話して、中村先生にはウザかったでしょう。あとで、自己嫌悪。

 それでも、先生は対応してくれる腰の低さというか、ファンとのやり取りから、作品への感想から、さりげなく自身の今後の作品展開に向けて、リサーチを兼ねてる風でもありました。

 先生は、自身の絵に全然飽きてないし、あのあだち先生のような万年青年のようなたたずまいならば、この先も、瑞々しい作品を描き続けるんじゃないでしょうか。

 何よりそばにおられた、おそらく奥さまじゃないかと思うんですが、彼女がそばで励まし続ける限り、それは保障されるのではないか、と。

 中村先生、サインありがとうございました!


※飛鳥新社による、中村佑介『NOW』サイン会ツアー2015、告知動画です。サイン会で全国の書店を回る告知映像。

 『NOW』にイラストとサインを描く様子です。サイン会も、こんな感じでさらさら描き上げてました。

 それにしても、ライブツアーみたいに全国をサイン会して回るイラストレーターも、珍しいでしょう。先生のフットワークの軽さは、すごい。

 それだけの大人気イラストレーターだから、成立するということでもあります。そもそもサイン会は、書店が発注しないと、成立しないので。

中村佑介『NOW』サイン会ツアー2015


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>

2015年01月10日

映画『海月姫』

 映画『海月姫(くらげひめ)』を観てきました。


 以下、ネタバレありますので、未見の方ご注意下さい。


img045L.gif
↑『海月姫』チラシ。

 原作は東村アキコの同名マンガで、ドラマ『あまちゃん』でお馴染み、能年玲奈主演の映画です。

 私は原作は読んだことないんですが、可愛い能年ちゃんが出てるのと、マンガ原作の楽しそうな作品なので、観に行った次第。

 イラストレーターを目指す少女、倉下月海(つきみ/演:能年玲奈)は、海月(くらげ)オタク。

 都内の男子禁制アパート、天水館に住んでいる。

 ここには、鉄道オタクのばんばさん(演:池脇千鶴)、三国志オタク・まやや(演:太田莉菜)、枯れ専・ジジ様(演:篠原ともえ)、そして管理人の娘で、韓流スターを追っかけて家を留守にしている母親の代わりにアパート管理の代行を務める和物オタク・千絵子(演:馬場園梓/アジアン)という、各界オタク女子の巣窟。

 しかし月海は、同じオタク仲間ということで、心安らぐ場である。

 そこに、ひょんなことから、女装男子でプレイボーイ、そしてファッションデザイナーを目指す、鯉渕蔵之介(演:菅田将暉)が月海と出会い、天水館に転がり込んでくる。

 彼は、実は時の首相、鯉渕総理(演:平泉成)の次男である。しかも、愛人の子供。

 さらに、蔵之介の兄(実子)で、総理の秘書・鯉渕修(演:長谷川博巳)が、月海と出会って、彼女に一目惚れ。修は三十過ぎても童貞という、超真面目人間。

 蔵之介は、修と月海の恋を応援するが、徐々に兄に嫉妬する自分に気づく。

 そんな中、天水館のある地区を、鯉渕総理が、大手不動産会社・稲荷翔子(演:片瀬那奈)らと結託し、地域活性化の名の下に、再開発することとなる。天水館も、立ち退かなければならない。

 蔵之介は、現実逃避し、ひきこもろうとする月海達を鼓舞し、再開発阻止の為に立ち上がる!

 非常にベタベタな、王道逆転ドラマです。それとシンデレラストーリー。

 それとベタベタな、三角関係ドラマ。

 でもそれが、私には心地よかったです。

 基本は、王道少女マンガです。

 ですから、月海、蔵之介、修の恋心の揺れを中心に描くので、そこら辺に感情移入出来ないと、辛いかも知れません。

 それと蔵之介の存在で、月海がどんどん成長していく姿が良いし、天水館のオタク達が変わろうとする姿も良いですね。

 人は誰しもダメな部分はあるし、だからこそ、変わろうとする。

 そういう意味でも、共感できるだろうと思います。

 ただ、オタクが嫌いというか、ひきこもりやニートが嫌いというか、ここでひっかかってしまうと、もう登場人物に感情移入も出来ないでしょうし、逆転劇も、単に陳腐にしか見えないでしょう。


 蔵之介が要所要所で、月海に、キレイな服やメイクをほどこすんですけど、それがまた、じつに可愛い!!!

 いくら役でオタクの恰好をしても、元がやっぱりあの能年ちゃんですから、やばいくらい可愛いです。

 改めて、能年ちゃんの可愛さが、再認識出来る作品でもあります。

 それと脇で池脇千鶴や篠原ともえが出ていたって、終わってパンフレット読んでから気づきました(苦笑)。

 それくらい、髪型や衣装で、分からないです。

 思い返せば、池脇千鶴って、三井のリハウスガールでデビューして、ちょうど今の能年ちゃんのポジションだった人ですからね。篠原ともえだって、可愛さで売ってたし。

 ですから、20年後くらいに能年ちゃんも、その時のアイドル女優さんを脇で支える役で出てるのかなって想像すると、何やら先が楽しみになったりします。

 気分が明るくなる作品ではあるので、観て損はないかなって、思います。


※映画『海月姫』予告編です。

映画『海月姫』予告編

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 20:20| 映画

2015年01月01日

あけましておめでとうございます。

 皆さん、あけましておめでとうございます。

 今年も、ぐだぐだと趣味関連の長文日記をあげると思いますが、よろしくお願い致します。

2015-Hitsuji-Girl-S.gif


※TBSラジオ『伊集院光 日曜日の秘密基地』(2000〜2008年)から、「秘密基地VIPルーム」加藤茶ゲスト回。ザ・ドリフターズを辞めようとした時の話です。

044 加藤茶がドリフを辞めようと思ったエピソード


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 12:28| 日記

2014年12月27日

お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!@東京ドーム・プリズムホール

 『カードキャプターさくら原画展』の後は、JR水道橋駅下車。

 毎年恒例、『お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!』へ。イベント限定ソフビをゲットするためです。

 会場は、東京ドーム・プリズムホール。

 到着時間は、16時10分頃。

img0412014S.gif
↑チラシ。

 『CCさくら展』後、すぐに向かえばいいものを、秋葉原で油を売ってたので、遅くなってしまった。

 というのも、東京ソラマチに、「ウルトラマンSHOP」があって、『CCさくら展』に入場するまでの空き時間に、そこでイベント限定ソフビを買ってしまったんですなー。

 ソラマチにウルトラマンSHOPがあるの当日まで忘れていて、それだったら、『お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!』前売り券買わなくても良かったなぁって後悔したりして。我ながら、効率悪いッス。

 そんなことで、限定ゲットしたら、途端に『お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!』参加のモチベーション下がってしまって、秋葉原で寄り道してしまった次第。

 前売り券も、わざわざコンピューター印字券じゃなくて、ウルトラマンの写真入りの買ったんだけども、入場した後、どっかへ落としてしまったり(泣)。

 せっかくの、記念なのになぁ。

 遅い時間に入場なので、すでにライブショーも終わってるし、中央広場=ウルトラ広場での出し物もほぼなし。

 ただ広場に組んであるやぐら太鼓のパフォーマンスが、唯一盛り上がってました。

 なので、展示の着ぐるみを写真に納めておくのみ。

IMGP1496L.gif
↑正面飾り。

IMGP1499L.gif
↑ナイス(左)とゼアスのメンコ。

IMGP1506L.gif
↑ゴム跳びする、女性ウルトラマン。名前分からない。ダダとピット星人がゴム縄持ってる(笑)。

IMGP1503L.gif
↑けん玉をするウルトラマンボーイ(中央)と、ブースコ(左)、ブースカ(右)。

 閉館前に無理に見ないで、後日出直して来ても良かったんだけども、電車代もったいないしなぁ。

 あっ、限定ソフビは、ウルトラマンビクトリー ハイパーゼットンシザーズ クリアVER.です。

IMGP1511L.gif
↑限定ソフビ。

 今月出た『コロコロイチバン!12月増刊 SUPERてれびくん×ウルトラマンギンガS』付録の、ウルトラマンビクトリー キングジョーランチャークリア ブラックラメ Ver.の方がカッコイイかも。

IMGP1513L.gif
↑『SUPERてれびくん』付録のソフビ。

 会場の家族連れを見ると、子供よりも、お父さんが夢中な感じなのが、ウルトラ系イベントによく見られます。

 やっぱ怪獣世代は、お父さんになっちゃうな。

 お父さんと中学生くらいの娘さんという珍しい組み合わせで、怪獣指人形コーナーをあさってる家族があって、オタク魂が健全に受け継がれているなと、微笑ましく思えたりもしました。

 ただ家族連れを見たり、外に出ればカップルで溢れかえったり、やっぱり寂しい年末を感じてしまうイベントですた。


※『お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!』恒例、ウルトラマンナイス&ゼアスの漫才です。2013年の時らしい。

 子供には受けてないみたいですが、マニアックなウルトラネタが散りばめられていて、大人には笑える内容。すごく良く出来てるネタで、面白いです。
 
 こうして見ると、やっぱり生で見たかったなー。

20130105 ナイス&ゼアス漫才 


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 21:09| 特撮&VFX作品・特撮ヒーロー・怪獣