2015年07月03日

ガマロボ&サスケロボ

 一昨日出来上がった立体作品の画像を貼ります。

IMGP2137S.gif

IMGP2123S.gif

IMGP2130L.gif


 ガマロボ&サスケロボ、です。

 オリジナルキャラじゃなくって、元ネタがあります。

 40年くらい前に、、今はなきプラモデルメーカー・イマイ科学から出ていたオリジナルシリーズ、「ロボダッチ」。

 そのロボダッチ・シリーズに登場していた、ロボットなんですな。

 小学生の頃、誕生日にガマロボのプラモを買ってもらって、嬉しかった記憶があって。昭和50年代で、700円くらいだったかなぁ。すごい高価だった。

 それを思い出して、もう一度、フルスクラッチで作ってみようかと思ったんです。

 思ったは良いけど、製作に半年もかかってしまって(苦笑)。毎度ながら、ほんと、下手くそです。


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 21:30| 創作・制作日記

2015年06月02日

映画『天才バカヴォン 〜蘇るフランダースの犬〜』

 映画『天才バカヴォン 〜蘇るフランダースの犬〜』を観てきました。

 渋谷TOEIにて。

 以下、ネタバレありますので、未見の方注意です。


img055L.gif
↑『天才バカヴォン 〜蘇るフランダースの犬〜』チラシ。

 『天才バカボン』は、今の30代以下の若い世代にはピンと来ないでしょうが、40代以上には抜群の知名度を誇る、連続TVアニメであり、大ヒットマンガでした。

 のんびり屋でおつむの足りない小学生・バカボンと、彼の親父で、天才的なバカである、バカボン・パパの珍騒動。タイトルは『バカボン』ですが、実質的な主人公は、パパです。

 原作者は、あのギャグマンガの王様、赤塚不二夫。『おそ松くん』や、『もーれつア太郎』、『ひみつのアッコちゃん』など、ヒット作多数。タモリの生みの親でもありますね。

 そして、『フランダースの犬』と言えば、ベルギーを舞台にした児童小説『フランダースの犬』を下敷きに、1975年、日本アニメーションが制作した、これまたアラフォー世代には、涙なくしては観られない、連続TVアニメ。

 画家を目指す貧しくも、心優しい少年ネロと愛犬パトラッシュが、世間の誤解の連続で、報われない短い生涯を閉じる物語。

 最終回、アントワープの大聖堂に飾られた、ルーベンスの絵の前でパトラッシュと眠るように亡くなるシーンは、当時お茶の間の子供達を号泣させました(私もその一人)。

 この二つの作品を融合させる荒技を成し遂げたのが、「鬼才」FROGMAN監督(1971年、東京都板橋区生/44歳)。フラッシュアニメ、『秘密結社鷹の爪』で知られる監督です。

 脚本とバカボンのパパの声も担当。

 実は、FROGMAN監督の作品って、今回初めて観るんです。

 ともかく、笑った!

 そして、泣けた!

 『天才バカボン』を観ている世代なら分かると思うんですが、バカボンワールドの世界観を的確に捉えてます。

 バカボンパパの声は、前述どおり、FROGMAN監督が担当してますが、まったく違和感ないです。初代パパ役の、雨森雅司のキレに匹敵します。

 それと個人的に赤塚マンガの魅力だと思っていることに、ナンセンスな会話劇(言葉遊び的な会話)の面白さがあると思うんですが、それが見事に表現されてました。

 パパが例の調子でバカなことを言いまくり、相手がズッコケて、その会話のテンポが小気味良いので、ほんと笑ってしまいます。あのスピード感は、赤塚マンガのスピード感に似てるというか。

 と、同時にFROGMAN監督の肉体的なリズムなんだと思います。

 バカボンパパは、今作ではひたすら、西から太陽を昇らせることに努力し続けます。

 本作では、世界征服を企む暗黒組織インテリペリが登場。

 インテリペリ総帥ダンテ(声:村井國夫)は、森羅万象すべてを予知出来るコンピューターを動かしたいと思ってますが、それにはどうしても入力しなければならない「言葉」があった。

 それは、バカボンのパパの「本名」。

 そこでバカボンパパの本名を探らせるべく、ダンテは、実は天に召されず、人間への復讐を誓い恨みを抱えながら地獄へ堕ちたネロ(声:滝本美織)とパトラッシュを、現代へ召還!

 二人をバカボン(声:犬山イヌコ)のいる小学校へ編入させ、バカボンの友達にして、パパの名前を聞き出す作戦へ移すが・・・。

 ネロ&パトラッシュは、気の良いバカボン一家とすぐに打ち解けます。つかの間の、幸せをかみしめるネロ。

 しかし、クラスメイト達からは、実在しない、しかも19世紀の人物だとばれて、白い目で迫害される。

 やっぱり裏切られたかと、ネロとパトラッシュは龍の怪物に変化して、都内を炎を吐いて破壊し始める!

 バカボンは、それでも破壊を止めるようネロを説得し続けるがー。

 バカボンパパは、炎の中で、叫ぶ。

 「これでいいのだ。これで、いいのだーーー!」

 なんか、もうね、泣けて来ちゃいました。

 バカボンが龍になったネロに、最初から敵の回し者だったのは知ってたけど、友達になりたかったんだよって言う場面でも泣いちゃったんだけども。

 矛盾とか、恨みとか、どうしようもない感情とか、それでも、受け入れて、赦(ゆる)す境地。

 これでいいのだーー!

 パパが叫ぶと同時に、西から太陽が昇るという奇跡が!!

 憑きものが落ちたように、元の姿に戻る、ネロとパトラッシュ。

 そして、天使達が迎えに来る。

 パパも連れて行かれそうになりますが(笑)。

 そして、エンディング曲は、クレージーケンバンド「パパの子守唄」。

 歌詞の中にー

 人は不完全だからこそ
 その隙間を愛で埋めるのだ

 ってあるんですが、ほんと染みます。

 ネタバレしておいてなんですが(汗)ー

 全てを否定されまくってる、窮屈な気持ちになってる、絶望的な気持ちになってる・・・、そんな人達に見て欲しいなって思います。開放感を味わって欲しい!

 ほんと、バカボンワールドを見事に昇華した作品でした。

 これで、いいのだ!



※『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』公開記念、特別映像です。

天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜公開記念特別映像を公開!


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 22:31| アニメ・声優など

2015年05月28日

『永井豪×石川賢 ゲッターロボ生誕40周年原画展』@青山GoFaギャラリー

 東京・渋谷区にある、青山GoFaギャラリーで開催中の『永井豪×石川賢 ゲッターロボ生誕40周年原画展』に行ってきました。

DSCN4902S.gif
↑展覧会ポスター。

 青山GoFaギャラリーは、地下鉄半蔵門線・表参道駅から、歩いて5分くらい、青山オーパビルの2Fにあります。

 大通りを挟んで向かい側には、かの青山学院大学があります。まー、おしゃれスポットですな。

『ゲッターロボ』は、永井豪(1945年〜)と石川賢(1948〜2006年/58歳没)が原作のTVアニメで、1974年放映開始。石川賢が担当したマンガ版も同時に連載。三機の飛行マシンが合体してロボットとなる、合体ロボットアニメの元祖です。

 行って見ると、会場狭い!大学の学園祭の漫研の展示かってくらい、スペースが狭いです。

 なんだろ、コンビニの三分の一くらいのスペース。青山オーパビル自体は、おっきいのに。

 原画も、思ってたより少ないですし・・・。ザッと見、20点くらいじゃないかなぁ。

 百貨店の催事場とかでやる、マンガ家さんの原画展を想像していくと、肩すかしを食いますね。

 でも、石川賢先生の原画は、迫力ありましたねー。

 先生のペンタッチはなんだろ、時にねっとり生々しく、おどろおどろしい。アクションとなれば、紙を切り裂くような感じで。

 あのペンタッチだからこそ、ゲッターロボのパイロットの流竜馬や神隼人、巴武蔵が、恐怖の悲鳴をあげる顔が、迫真を持って、読み手に伝わってきます。

 ゲッターロボも、マシンなのに、有機体のような生々しさが、原画から伝わってきます。

 見開き2Pに渡って描かれた、大きなゲッター1など、主線をマジックの太線でザザッって感じで描いてることが分かりました。大胆。

 推測するに、こういう感じじゃないと、その場面のゲッター1の力強さ、迫力は伝わらない!っていう意思で、マジックを選んだのかもしれません。

 さて客層ですがー

 青山という土地柄か(?)若いファンが来場者に多かったですね。明らかに、リアルタイムじゃないだろって、人達。どう見ても、20代くらい。

 リアルタイムで観てたら、私のように、40代後半でしょうから。

 リアルタイム世代っぽいファンも、当然来てましたけども。

 会場には、来場者用ノートがあって、ファンがメッセージを書き込める大学ノートが用意されてました。

 私の前に書き込んでいた女の子は、女子大生でしたね。熱烈なゲッターファンらしくて。そんなに支持されてるんだなぁ。

 さらにパラパラめくると、皆さん熱い想いを書いたり、イラストを描き込んでいて。

 一目で、これはプロが来たなーって上手い絵もけっこうありましたね。添えられたサインが判別出来なくて、誰が描いたかは、分からなかったんですけど。

 ただ唯一サインで分かったのは、『るろうに剣心』の和月伸宏先生。さすがプロという、絵でした。単純にサッと線を引いて描いた絵でも、形が目の前に浮き上がった絵に仕上がってました。

 和月先生もいらしてたんですねー。後でネットで調べたら、私と歳は二歳違いなんで、世代的には『ゲッターロボ』を観ていたでしょう。

 残念だったのは、図録が、電子書籍!限定期間配信。

 なんでー。普通の紙の書籍にして欲しかったなぁ。手応えがないんだよな、紙じゃないとおじさんは。

 石川先生の原画が、熱い!ファンも熱い!

 なのに、会場狭い、展示数少ない、図録が電子書籍・・・。

 もう一つ食い足りない感もあった、原画展でありました。


※アニメ『ゲッターロボ』&『ゲッターロボG』のOP&EDです。

[FULL] Getter Robot 1974 & Getter Robot G 1975 OP/ED

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 21:37| マンガ・マンガ家

2015年04月08日

映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』

 映画『スーパーヒーロー大戦GP(グランプリ) 仮面ライダー3号』を観てきました。

 好評OA中『仮面ライダードライブ』の劇場映画です。

 平日の夕方、田舎のシネコンですが、観客は私1人(苦笑)。貸し切りシアターでした。

 今回は、幻の「仮面ライダー3号」が登場するお話。

img054L.gif
↑映画パンフレット表紙より。

 以下、ネタバレあります。未見の方、ご注意下さいませ。


 3号ライダーと言えば、仮面ライダーV3ですがー

 1973年、ショッカーを倒した1号と2号を、抹殺するライダーが出現。それが、今作に登場する、仮面ライダー3号!彼は、ショッカーがライダー1号&2号を抹殺するために作った、最強の仮面ライダー。

 彼が、その後に続く仮面ライダーの歴史を塗り替えていった。つまり、V3以降のライダー達は平成ライダーに至るまで、ことごとくショッカーに洗脳され、ショッカーライダーにされていった。

 ライダー3号=黒井響一郎を演じるのは、「ミッチー」こと、及川光博。

 他にもー

 仮面ライダーBLACK&BLACK RX/南光太郎=倉田てつを

 仮面ライダー555(ファイズ)/乾巧=半田健人

 仮面ライダーゼロノス/桜井侑人=中村優一

 仮面ライダーギャレン/橘朔也=天野浩成

 このように、歴代ライダー役者が出演。

 ところで今、『本多猪四郎 無冠の巨匠』(切通理作著/洋泉社刊)を読んでいるんです。

 本多猪四郎は、第1作『ゴジラ』から、昭和ゴジラシリーズを数々手がけた、映画監督。上記の本は、本多監督の、評伝本です。

 本多監督は、役者をキャスティングする際、特撮物に「本気になれるかどうか」を基準にしていたようです。

 今回のライダー役者達の演技を映画で観ると、まさにそれを感じます。

 つまり、特撮物に本気というか。

 各人、自分のライダーに対する誇りを、すごい大事にしている。それが、五体にみなぎっているから、スクリーンから、愛が溢れてくるんですね。

 こういうケレンミの作品は、役者が本気じゃないと、ほんと、丸々嘘っぽくなってしまうので。

 今作は、ライダー役者達の、「ライダー愛」を楽しむのも、一興かと思います。

 特に、倉田てつをが熱いです。

 仮面ライダー達がショッカーに洗脳されてると書きましたが、BLACK&BLACK RXが唯一ショッカーに抵抗を続けています。

 その姿に打たれ、洗脳されかけたドライブ=泊新ノ介(演:竹内涼真)が正義に目覚め、立ち上がります。

 そこに、555=乾巧が味方していきます。まぁ巧はオルフェノクで、厳密には純粋の人間じゃないですから、非常にクールな立場ですけども(苦笑)。それと、未来からゼロノス=桜井侑人も助っ人参戦します。

 個人的には、仮面ライダーJの扱いが、可愛そうな。

 初登場は、J=ジャンボの名にふさわしく、巨大感があってカッコ良かったんですけど、2回目登場時は、巨大ショッカーライダー=ライダーロボに一瞬で粉砕されるという(苦笑)。

 結構シリアスな内容で、実はたった1人だけ殉職するライダーもいるんですが(作品見て確かめて下さい)、笑ったのは、ドライブの専用車=トライドロンがロボ形態に変形&巨大化して、客演する手裏剣戦隊ニンニンジャーの巨大ロボ=シュリケンジンに、合体するとこ。

 君ら、初対面でしょ(笑)。東映物ならではの、お祭りのノリで乗り切るシーンというか(笑)。

 色々見どころいっぱいな、作品でした。

 ところで、ミッチーのライダー3号は、ソフビ化されないのかなー。


※映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』予告編です。

仮面ライダー3号対V3!映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』予告編


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 20:17| 特撮&VFX作品・特撮ヒーロー・怪獣

2015年04月04日

陽木かれんちゃんイベント@ラムタラメディアワールドアキバ6Fイベントフロア

 新人AV女優・陽木かれんちゃん(19歳)のDVD発売イベントに参加です。

 場所は、東京・秋葉原。ラムタラメディアワールドアキバ6Fイベントフロア。

 開始時間は、13時より。

Karen-2015-16-S.gif
↑陽木かれんちゃん(DVDジャケットより)。

 かれんちゃんのイベントに参加するのは、3回目。

 会場には、50名ほどのファンが集結。回を重ねる事に、ファンが増えておりますね。

 時間どおりスタート。かれんちゃんが、ステージに元気に登場!

 今日は、下着でのイベントです。花柄プリントの、ちょっと生地面積少な目の、下着です。きゃー。

 まずは、ご挨拶から。

かれん「ヤッホー!今日は一日、楽しんでいきましょう!」

 この日の流れはー

 個人撮影タイム→ツーショット撮影タイム(複数枚購入者)→サイン&握手会。

 個撮は、DVD1枚購入者は、30秒間。3枚購入者は、+30秒。

 DVD2枚購入者は、ツーショット撮影1枚。3枚購入者は、2枚。

 なおサインは、宇宙企画のイベントのため、メーカー側の色紙の用意はなく、自分で色紙を持参してくるか、サイン帳とか、DVDジャケットにしてもらうとか、特典の生写真にしてもらうなどです。

 わりと早い順番だったので、すぐに私の番でした。

 2枚購入なので、撮影時間は、30秒。

 やっぱり30秒は、写真の腕がヘタッピな私には短いな。

 続いて、ツーショット。

 腕を組んでくれる際、また会いましたねと、顔を覚えてくれたかれんちゃん。こういう一言が、ファンのハートをつかみますね。

 いわゆる、「釣られる」と言いますか。

 続いて、サイン会。

 サインを書きながらお話。

かれん「もう作品見てくれた?」
私「なんか、感じ始めると、よだれすごいよね」
かれん「出ちゃうの(照)」
私「(高速の)ドライブインのところでは、ガツ食いだったよね」(今作は車での小旅行的な作品)
かれん「そーなの。すっごい食いしん坊なんで(笑)」

 かれんちゃんは先月、19歳の誕生日を迎えたので、ささやかな誕生日プレゼントを用意。

 彼女は、「ぐでたま」にハマっているので、そのマンガ本などを持参。けっこう喜んでくれました。

 それと、私も先日誕生日だったので、図々しくも、色紙におめでとうコメントを書いてもらっちゃいました。ゴメンね、かれんちゃん。

IMGP1791L.gif
↑かれんちゃんのサインと特典の生写真。

 握手して、特典の生写真をもらって、退出。

 いやー、可愛い!

 そして、人懐っこいし、話しやすい子です。笑顔を絶やさないし、元気だし。

 ファンの顔を、覚えようとしてくれてますしね。

 これは、ますますファンが増えますなー。

 かれんちゃん、イベントお疲れ様でした!!!


※この日、買取販売市場ムーランアキバで行われたイベントでの映像です。

陽木かれん【宇宙企画】のムラムラちゃんねる!


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 20:42| セクシーアイドル(18禁)

2015年03月29日

駕籠真太郎美少女絵 其ノ弐@ビリケンギャラリー(東京都港区青山)

 神保町でイベントが終わり、地下鉄半蔵門線で、表参道駅へ。

 ビリケン商会ギャラリーで開催中の、マンガ家・駕籠真太郎(かご・しんたろう/1969年生)先生の原画展を観に行きました。

 ビリケン商会は、数々のウルトラ怪獣のガレージキットや、昔の怪獣ソフビを買取&販売するお店ということで、その存在は、知っていたのですが、行くのは初めて。

 なにぶん表参道界隈は、青山学院大学の最寄り駅というオシャレスポット。私にはアウェーで無縁な界隈なので、あまり降りないから。

 ビリケン商会の公式サイトにあるマップを頼りに、なんとか、お店へ。着いてみると、表参道駅からは、単純な道順。曲がる路地さえ間違えなければ、分かりやすい。

 駕籠先生の存在は、ごくごく、最近知ったくらい。ネットで、先生の美少女の絵を知って、とても可愛いし、ぜひ間近で肉筆画を見てみたいと思って、ビリケンへ行ったのでした。

 美少女画と言っても、成人向けです。つまり、エロ。しかも、やや猟奇的な物です。

DSCN4755S.gif
↑ビリケンギャラリー制作、展覧会ハガキ。

 狭い館内には、オシャレな若いカップルが一組。さすが、表参道。さすが、港区青山。

 さらに置くでは、何やら、駕籠先生らしき方が、ファンの方らしき若い美人を、スケッチしてらっしゃいました。

 店主の女性が、「イベント中です」と言ってました。有料で、似顔とか、描いてもらえるイベントなのかなぁ。

 板張りの壁には、美少女のイラストが、飾られてました。B4大にカラーで描かれた美少女が、ズラリ。

 ペンで描かれた繊細なタッチ。彩色は、紙の白地をかなり残し気味の、淡い彩色です。淡彩ですね。

 ほとんどの少女が、頭が割れたりして、中からケーキやら、ガチャポンやらが飛び出したりしています。

 ポップでありながら、Hであり、猟奇でもある、怪しげな美少女達。

 美少女とホラーと言えば、楳図かずお先生という偉大な先達がいますが、楳図先生よりも、アブノーマルさが増加してる分だけ、さらに極北にあるような存在かも。

 先生の最新刊『異物混入―駕籠真太郎高濃短編集』(青林工藝舎刊)が売られており、しかもイラスト付きのサイン入り。

 初めて先生の作品を拝見しましたが、すごい。

 エログロ、ナンセンスを地でいくような。画面に展開される美と醜の共存(女の子の顔が変形したり、四肢が切断されてたり)が、描写力が高いから、えぐさを増してます。

 ちょっと読むのが辛いので、先生が個人的に出している(?)画集が何冊かあったので、その中の1冊、『駕籠真太郎式美少女絵第三集 甘い女の子は別腹です』を購入。

DSCN4752L.gif
↑『甘い女の子は別腹です』。

 店主さんに思い切って、「先生にサイン頼めますか?」とお願いしてみると、ちょうど似顔絵が区切りだったようで、先生に取り次いでもらえました。

 図々しかったけど、せっかくなので、買った画集に、先生にサインを書いて頂きました。先生は、ちょっと戸惑った感じでしたが(苦笑)。申し訳ありませんでした。そして、サインをありがとうございました。

DSCN4754L.gif
↑最終ページにサインして下さいました。

 ちなみに、彩色は、普通の水彩絵の具を使用しているとのこと。

 そう言えば、似顔イベントでも、彩色は、水彩絵の具を使ってました。

 そんなわけで、ギャラリーを後にしました。

 私もあんな風に、美少女を、しかも水彩でキレイに描いてみたいもんです。

 淡彩って、あっさり塗るわけですから、当然筆の運びを迷わず塗らなければならないから、難しいでしょう。

 プロはすごいなって、改めて感じた次第です。


※駕籠真太郎先生が制作されたらしい、ショートショートアニメです。

 ナンセンスでシュールですが、かなりグロテスク。大人向けの外国アニメのような、渇いたブラックユーモアを感じます。

 グロがダメな人は、見ない方が良いかも(←リンク貼るなよ)

駐車場Parking

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 21:00| マンガ・マンガ家

みうらじゅんさんサイン会@書泉ブックマート7Fイベントフロア

 『みうらじゅんの映画ってそこがいいんじゃない!』(洋泉社刊)の発売を記念して開催された、みうらじゅんさん(1958年生/京都府出身)のサイン会に参加です。

 場所は、東京、神保町。書泉ブックマート7Fイベントフロアにて。

 開始は、お昼12時より。

DSCN4712L.gif
↑告知ポスター。

 「サブカルキング」として、確固たる地位を築いておられるみうらさんだけに、早々に整理券は、完売。追加権も発売されたそうです。

 本書は、映画好きのみうらさんが、国内外の映画をシネコンでチェックし、その作品批評というか、感想を、独自すぎる視点で綴った本です。それと各映画ごとに、1Pマンガもついてます。

 私はふだん、映画は趣味の特撮物映画くらいしか、ルーティンで観ない口。あとは、好きなマンガが映画化されたとか、観ていたドラマが映画化されたとか、そういう時くらい。

 なので、この本で紹介されてる映画は、9割観てませんが、観なくても、観た気になるというか、十分分かるし、楽しい。

 さすが、みうらさんの文章力というか、人を楽しませる能力は、並外れた物があります。

 マンガもまた、シュール&おバカ&Hで、みうらワールド全開です。

 予定時刻どおり、イベント開始。書泉は、一列に整理番号順に並びます。女性ファン、多いですね。男女で来るファンも多いですし。

 7Fのイベント会場には、すぐ入場出来ましたが、こここからが、20分くらい待ちました。

 その間会場内に売り場が設けられ、そこでは、ほぼ同時期に文春文庫として発売された『みうらじゅんのゆるゆる映画劇場 』を販売されており、店員によれば、それも購入すれば、サインを入れてもらえるとのこと。『みうらじゅんの映画ってそこがいいんじゃない!』の、第1巻にあたる本らしい。

 せっかくだし、持ってないので、それも購入して、列に並んで待ちました。

DSCN4746L.gif
↑サイン対象書籍。

 いよいよ、私のサインの番。

 みうらさんは、Tシャツ姿で、すっかり初夏のモード。まぁ今日は春なのに、暑いですしね。

 サインは、本のカバーを外して、表紙に書くようです。おなじみ、カエルの自画像入り。

 映画ほとんど観ませんがーって申し上げると、

みうら「観た気に、なる(笑)」
私「でも、『コドモ警察』だけは観ました。いつもながら、マンガも良いですね!」
みうら「笑。マンガは、あいかわらずバカな内容でゴメンねー」

 握手して頂いて、退出。

 スタッフさんに、絵はがきを頂きました。本の中でも触れられてますが、映画『わさお』(2011年)の主人公(?)の秋田犬・わさお。

DSCN4751L.gif
↑書いて頂いたサイン。そして、わさおのポストカード。

 ちなみに、わさおは、第14回みうらじゅん賞(2011年度)を受賞(笑)。

 あいかわらず気さくなみうらさん、そして大人気のサイン会でした。

 マニアでも、陽性というか、話術やコミュニケーション術に長けた方ってのは、社会に受け入れられるんですね。

 みうらさん、サイン会お疲れ様でした!


※ニコ生で生配信された、「輝け!第14回みうらじゅん賞」から、わさおの受賞映像です。

 ちなみに、「みうらじゅん賞」とは、みうらさんが1年に1回、自分の価値基準で、勝手に表彰している賞です(笑)。

 制定の動機は、どうせもう自分は表彰されないのだから、今度は自分が表彰する側になろうというもの。

輝け!第14回みうらじゅん賞 その2

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>

2015年03月19日

葉山瞳ちゃんイベント@ラムタラメディアワールドアキバ6Fイベント会場

 AV女優・葉山瞳ちゃん(21歳)のDVD発売イベントに参加です。

 場所は、東京・秋葉原。

 ラムタラメディアワールドアキバ6Fイベント会場。開始時間は、18時より。

h_Hitomi-Hayama-2015-S.gif
↑葉山瞳ちゃん(DVDジャケットより)。

 彼女が「葉山瞳」に改名してからは、2回目のイベント参加です。

 定刻通りに、イベントスタート。黒いビキニで、瞳ちゃん、登場。

 お客さんは、やや少な目ですが、その分まったりした進行で、瞳ちゃんと交流しやすいです。

 特典ですが、DVD1枚購入で、30秒個人撮影+サイン会+生写真。

 2枚購入で、上記特典に+ツーショット撮影1枚。

 3枚購入で、上記特典に+個人撮影30秒追加(つまり1分間)+ツーショット撮影もう1枚。

 イベントは、並んだ順で、1名ずつで順次進行。ほどなく、順番が来ました。

 私は1枚購入でした。

 30秒個撮は、さすがに短かった。やっぱり、1分間は欲しい。3枚買い買ったなぁ。

 まぁでも2枚購入で、ツーショットはしたかったかな。ツーショットの際、瞳ちゃんは、水着でガッチリ抱きついて、くれるので。

 サイン会。

 久しぶりでしたが、自分の名前を言うと、顔だけは覚えてくれていたようでー

瞳「ああ、いつも来てくれますよねぇ。前のネット番組(改名前にやっていたネット番組)でも、よく書き込んでくれて(笑)」
私「ツイッターが、全然更新されてないんですけど、もっと書いて下さいよ(苦笑)」
瞳「何を書いて良いかわからなくって(苦笑)。前の名前の時にブログやってた時、ファンに食べ物の写真ばっかりだねって書かれちゃって、それから書く気なくなっちゃって(苦笑)。ツイッター、タイムライン見るのは、楽しいんだけど、ウフフ」

私「作品がだんだん、過激になってますよね。だからこそ、ツイッターでイベントくらい告知した方が良いんじゃない?」
瞳「作品は、頑張ってますよ(笑)。でも終わると、内容は覚えてない(苦笑)。今回の作品も、あー旅行行ったなーくらいで(苦笑)」(今作は一泊二日の旅物作品)

IMGP1760L.gif
↑瞳ちゃんのサイン。それと生写真。元々DVDにも生写真がついていたので、生写真は計2枚。

 色紙には、ツイッターなるべく頑張りますの文字が(苦笑)。まぁ、期待しないで、気長に待つってことで。

 瞳ちゃんは、ほのかに良い匂いをさせてまして、香水?って聞いたら、匂い付きのオイルを塗ってきたそうな。やっぱり、ツーショットしたかったですねー。

 握手して、退出。

 瞳ちゃんは、話すと気さくで、とっても楽しい子で、常に神対応なんですけど、ネットはどうも塩対応と言いますか(苦笑)。基本、大らかというか、めんどくさがりなのかも?

 そんなわけで、楽しい時間でした。

 瞳ちゃん、イベントお疲れ様でした!



※買取販売市場ムーラン秋葉原店でイベントした際の、瞳ちゃんの映像です。

 この時も、黒のビキニですね。黒好きなのかな?

葉山瞳【マキシング】のムラムラちゃんねる!

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 22:22| セクシーアイドル(18禁)

映画『劇場版 ウルトラマンギンガ 決戦!ウルトラ10勇姿!!』

 映画『劇場版 ウルトラマンギンガ 決戦!ウルトラ10勇姿!!』を観てきました。

 新宿ピカデリーにて。久しぶりに新宿ピカデリーに行きましたが、随分キレイに生まれ変わっていて、ビックリ。

 以下、ネタバレありますので、未見の方ご注意下さいませ。

DSCN4707L.gif
↑パンフレット表紙より。ウルトラマンギンガビクトリー。

 現在テレビ東京系で放映中、『ウルトラマンギンガS』が、スケールアップして、劇場版で登場したわけです。

 ウルトランギンガは、最新のウルトラマン。さらに、仲間のウルトラマンビクトリーと合体し、ウルトラマンギンガビクトリーになるのが、お子様には見どころ。

 大きなお友達の私的には、ゲストヒロインにして、敵のアレーナを演じた(実は敵のエタルガーに洗脳されていただけだが)、小宮有紗ちゃん(21歳)が、可愛かった!大人の色気も時折感じられて、エロかったし。

Arisa-Ginga-2015-S.gif
↑アレーナこと、小宮有紗ちゃん。

 有紗ちゃんと言えば、なんといっても、『特命戦隊ゴーバスターズ』(2012年)のイエローバスター=宇佐見ヨーコ役が、特撮ファンには有名(一般には、学校法人立志舎のCM「どこま〜でも どこま〜でも 果てしない空ー♪」のフレーズに乗って、チアリーディングしてる子と言えば分かるかも)。

 この日、新宿ピカデリーに集まったお客さん達、平日昼間なのに、よく入ってましたが、子連れは二組のみ(苦笑)。あとは、大きなお友達だけでした。しかも、20代くらいの若い世代の男性が多い。

 『ウルトラ10勇姿!!』と銘打ってますけど、登場する10名のウルトラマンは、平成ウルトラマンのみで構成されてます。

 客層からも、やっぱり若い特撮ファンにアピールする作品なんでしょうね、『ギンガ』は。

 あっ、平日昼間から、ウルトラマン映画観に来るおじさんなんて、私くらいか(汗)。

 顔出しだと、コスモスの、杉浦太陽君が、出てます。まぁ、相変わらず演技は、微妙でしたが(苦笑)。

 有紗ちゃんは、演技は上手ですね。目力あるし、アクションも、『ゴーバスターズ』時代に鍛えただけあって、上手い。

 監督は、坂本浩一監督。

 元は倉田アクションクラブのスタントマンで、その後渡米。

 その後、渡米経験から2003年から『パワーレンジャー』(米)を総指揮。帰国後東映で『仮面ライダーW』、『海賊戦隊ゴーカイジャー』で監督参加、『仮面ライダーフォーゼ』、『獣電戦隊キョウリュウジャー』のメイン監督。ウルトラでは、映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 』で監督。『ウルトラマンギンガS』のメイン監督。


 だからかー。

 観ていて感じたのが、なんだか東映っぽいウルトラマンだなーって思ってたんですよね。

 ウルトラマンの巨大感を出すミニチュア特撮シーンは、圧巻で、それはすごく良かったし、見応えありました。

 建物舐めのアングルの多用や、あおりの多用など、円谷プロ伝統のミニチュア特撮っぽい絵が随所に観られて、嬉しい。

 敵のエタルガーとウルトラマンのバトルも、あおりと寄りを多用して、巨大バトル感がよく出て、大迫力。

 ただ全体的に、ノリだけで乗り切るという、東映っぽさを感じるんです。円谷作品の匂いが薄い。

 円谷作品は、もっと上品だったはず。

 若いファンは、そこら辺は、違和感ないんだろうな。東映も円谷も、そんなに区別しないのかもね。

 あとは、特捜隊のUPGの装備が、歴代の特捜チームに比べて、貧弱過ぎるんだよね。これはTV放映中時から、思ってたことですが。

 だって装備が、車二台だけって・・・。せめて車が変形して、ジェットになるとかにして欲しいなぁ。バンダイなら、出来るでしょ。

 敵のエタルガーとアレーナのいる時空城に、車で出動してるんですが、空に浮いてる城に、どうやって車で乗り込もうとしたのか(苦笑)。ー実際、乗り込んでいたけど(笑)。

 しかも、隊員がヘルメット被ってないって、被弾したら危ないでしょ。これも、東映の戦隊文化を導入したのだろうか。想像するに、おそらくアクションの際、特捜隊特有のヘルメットがあると邪魔だからなんだろうけれども・・・。

 やっぱり、坂本監督の色が、作品に出たのかなって思います。アクション出身で、東映寄りの監督ですからね。

 彼を起用した時点で、何かしら、ウルトラシリーズの方向を変えたいっていう意図があるのかもしれません。

 ただ、仮面ライダーや戦隊で観たい内容、求めてるものを、ウルトラマンで観たいとは思わないんだけども、どう思いますかね、ウルトラファンの方々。

 まぁでも、子供はどっちでも、良いのかな。


※『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』予告編です。

『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 22:22| 特撮&VFX作品・特撮ヒーロー・怪獣

2015年03月12日

『劇場版ムーミン 南の島でバカンス』

 『劇場版ムーミン 南の島でバカンス』を観てきました。

 原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念して、母国フィンランドで制作された、長編アニメーション映画です。

img049L.gif
↑映画チラシ。

 日本語吹き替え版を鑑賞。

 吹き替え版は、1990年に日本で制作された『楽しいムーミン一家』でキャスティングされた声優陣を、そのまま採用してます。すなわち、ムーミン役を高山みなみ、フローレンをかないみか、ムーミンパパが、大塚明夫など。

 以下、ネタバレありますので、未見の方、ご注意下さい。


 本作は、今までのようなトーベの原作小説ではなく、コミックを元にアニメーションにしようとする、初の試みだったようです。

 彼女の描くペンタッチのままで、そこに色を入れ、キャラクターや世界が動くイメージで制作するというのが、当初のコンセプトだったようです。

 その狙い通り、トーベの柔らかい描線が見事に再現され、かつ躍動し、配された色彩も、どこか乳白色のような柔らかさを感じます。日本のアニメーションにはない、質感が出ていると思います。

 お話は、ムーミン一家が、南の高級リゾート地へ軽い気持ちで移住するって言う話。

 お金とは無縁の生活を送っていた彼らが、南のリゾート地では、全てがお金次第で決まる。

 ムーミンやムーミンママは、馴染めないものの、ムーミンパパやフローレンは、バッチリ馴染むという好対照ぶり。

 さて、どうなりますか。その後どう展開かは、映画をご覧下さい。

 楽天的で好奇心にまかせて、まずは行動するところは、『ムーミン』の世界観ならでは。冒険好きらしい、トーベ・ヤンソンの世界です。

 でも最後は、ムーミン一家は、元のムーミン谷に帰還して一件落着。

 冒険は、無事帰れてこそ。帰れない冒険は、無謀でしかないでしょう。

 日本アニメの演出に慣れた目には、演出が多少間延びした印象ですが、これはこれで面白いです。

 それは『たのしいムーミン一家』のキャスト陣の吹き替えで見たからかも。字幕版で見たら、面白みが少し減るかもしれません。

 なおゲスト声優で、さまぁ〜ずが出てますが、大竹一樹がセレブのプレイボーイ=クラークを演じているんですけど、見た目がそっくりで、実にはまり役でした(笑)。


※『劇場版ムーミン 南の島でバカンス』予告編をどうぞ。

映画『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』60秒予告
 

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 19:55| アニメ・声優など