2013年11月02日

能年ちゃん登場、『しゃべくり007』。

 日本テレビ『しゃべくり007』に、能年玲奈ちゃんが出た回の録画観る。



 相変わらず、能年ちゃん可愛い。

 くりぃむしちゅー以下、レギュラー7人の芸人達も、可愛い可愛いのコメント連発。

 能年ちゃんは、相変わらずしゃべれないし、アドリブ弱いけれども、そこは7人が上手く受けるので、笑いとして成立する。

 プロレスもそうだけども、やっぱり技を受ける方が上手いから、その場が成立しますな。

 彼女の趣味である絵を披露してましたが、独特のシュールで毒のある世界感と、色彩の可愛さで、魅力的なイラスト。

 特技のエレキギター演奏も、下手なんだけど、ギターしょってる姿が可愛い。実写版『けいおん!』って感じ。

 付けヒゲ好きな彼女が、カイゼルヒゲをつけて、サルバドール・ダリみたいに目をむいた顔も、チャーミング。

 まぁ、編集があるから、なんとか番組になった感じですね。

 どうでも良いですけど、この番組を観て気になるのが、ネプシューン・名倉潤の立ち位置が、ないところ。

 くりぃむの上田晋也が、番組の実質的な進行役というか、筋振りであり、メンバーへのツッコミ役なんだけども、名倉も本来は、そういう立ち位置。

 だから、名倉さんの顔が抜かれると、いつも乗ってない表情なのが分かってしまう。

 観てるこっちが、このメンバーの人間関係が危うそうで、ひやひやしちゃう。

 ネプチューンとくりぃむしちゅーは、年齢や芸歴がほぼ同じだし、今ではどっちも冠番組を担当できるキャリアだから、かち合っちゃうんじゃないかなぁ。

 あっ、能年ちゃんと言えば、本日「能年玲奈2014年カレンダー」が、到着。彼女の所属事務所であるレプロエンターテインメントの公式HPにある、オンラインストアから購入すると、抽選で5名に、彼女の直筆サイン入りが当たるというふれこみに「釣られた」んですがー。

 来たのは、サインなしでした(苦笑)。まぁ抽選で5名じゃ、仕方なしです。


※プロレスです。

 全日本プロレス、1982年12月11日、札幌中島体育センターにて。世界最強タッグ決定リーグ戦公式戦、スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディvsジャイアント馬場&ジャンボ鶴田。

 ハンセン&ブロディの、どうしようもないパワーとスピードが際だつ。二人の全盛期ですね。

 観客はハンセン・コール、ブロディ・コールの大合唱。全日本のエースコンビが、いかに不人気だったか分かります。

 ライバルのアントニオ猪木率いる新日本プロレスに、興業成績が負けていたのも、うなずけます。

 どうでも良いですが、花束嬢役に、元フィギュアケーター・渡部絵美が映っています。当時は、可愛かったですね。
 
【1982】ハンセン・ブロディ vs 馬場・鶴田 


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 19:51| テレビ