2015年07月30日

『ウルトラマンフェスティバル2015』@池袋サンシャインシティ文化会館4階展示ホールB

 今年もやって参りました、『ウルトラマンフェスティバル』略して、『ウルフェス』!

 『ウルトラマンフェスティバル2015』に参戦してきますた。場所はおなじみ、東京都豊島区、池袋。

 池袋サンシャインシティ文化会館4階展示ホールB。

IMGP2634L.gif
↑入り口。

 混んでいる時は嫌なので、比較的空いているであろう、午前に参加。


 今年は、行って驚いたのは、ジオラマ展示が、豪華!

 大都市を舞台に、ウルトラマン達と怪獣達がバトルを繰り広げる大パノラマ展示!

IMGP2303L.gif
↑大パノラマ全景。

 メインの家族連れもテンション上がってましたし、関係者風のネクタイ姿のオジサン達も、「これは良いね−!」と、口々に言ってました。

 改めて日本人には、『ゴジラ』の時代から、『ウルトラマン』を経て、映画やテレビで、繰り返し日本人が浴びてきたミニチュア特撮文化が、やっぱり息づいているなーって実感。

 今はみんなスマホ持ってるし、デジカメもあるから、あとは精巧なミニチュアセットを組んでしまえば、それらで撮影して、疑似特撮感覚が体験できる。

IMGP2336L.gif
↑街のセットの精巧さを見よ!

 あの、仰ぎ見る角度でウルトラマンと怪獣のバトルをフレームに収めれば、特撮っていいなって思うはずなんだよね。実体撮った方が、被写体との間に、空気があるから、そこに予想外の雰囲気とリアリティーが出るんですよね。

IMGP2348L.gif
↑仰角撮影が、巨大ヒーロー物の基本!

IMGP2337L.gif
↑ロングショットで、ビル群との対比で怪獣とヒーローの巨大感を見せる。

 CGにはそもそも、カメラと被写体という関係がないですから。
 
 実際にそこに、物があるってことが、何よりのリアリティーなんですよね。ミニチュアであっても。

 続いて、ウルトラマンデパートへ。

 毎年恒例、限定ソフビをゲット。

 今回は、会期中の前半戦に、3種類出てる。昨年同様、スパークドールズシリーズは、続行。

◎ウルトラマンエックス ユナイトブルーVER.
◎フォントン星人 クリアオレンジVER.
◎タイラント メタリックVER.

IMGP2658L.gif
↑左からタイラント メタリックVER.、ウルトラマンエックス ユナイトブルーVER.、タイラント メタリックVER.。

 まだ始まって間もないから、潤沢にあり。

 あっ、ウルトラマンエックスってのは、この7月から加わった、新しいウルトラマンです。

 テレビ東京系『新ウルトラマン列伝』内で始まった『ウルトラマンエックス』の主人公。

 それと、指人形の新商品をゲット。

◎ウルトラマンエックス
◎ウルトラマンエックス ユナイトブルーver.
◎デマーガ

IMGP2661L.gif
↑左からウルトラマンエックス ユナイトブルーver.、ウルトラマンエックス、デマーガ。

 そろそろ、ライブステージの時間。

 私は、入場時に、12時30分の回を指定したので、その時刻が迫ったので、会場入り。

 会場内は、宇宙人の案内係が、座席を誘導してくれたり。

 私の前に座っていた男の子に話しかけていて宇宙人案内人は、関西弁で、面白かった(笑)。「熱中症に気をつけるんやで」とか、「ウルトラマン出てきたら、しっかり応援してな!」とか。

 で、「お腹空いたら、ポップコーン売ってるで」とか、巧に営業も入れることも忘れない。

 そしてすかさず、ポップコーン売りの綺麗なお姉さんが来るんですな、これが(笑)。

 今回のライブステージ、第1部(7月24日〜8月11日)は「X〜新たなる可能性」。

 新ウルトラマン=ウルトラマンエックスを軸にしたお話です。

 怪獣から地球を守る防衛チーム・Xio(ジオ)のサイバー施設が、舞台。

 そこでは、地球人に友好的な宇宙人達が働いていたが、そこへ侵略者達が攻めてくる!

IMGP2440S.gif
↑力を合わせるウルトラマンエックス(左から2番目)と、宇宙人達。


 今回のボスは、なんと、ダークメフィスト!

 ウルトラマンネクサスの敵役ですよ。

IMGP2459L.gif
↑ダークメフィスト。

 ここ数年、ベリアル皇帝陛下が敵役の定番でしたが、あんまり人気のない作品だった『ネクサス』からの、敵役チョイスは、意外でした。

 ただ、メフィスト曰く、「人類同志が、信頼出来ず、絶えず戦争を繰り返しているじゃないか、まして人間と宇宙人で信頼出来るわけなどない!」という、問いかけは、今の時代、非常にリアル。言い返す言葉もない。

 それでも、ウルトラマンエックスや、ウルトラマンギンガ、ビクトリー、昭和からは、新マン(ジャック)、タロウ達が立ち向かう!

IMGP2476L.gif
↑下段左からギンガ、エックス、ビクトリー。上段左からタロウ、新マン(ジャック)。

 毎年恒例、お子様がデザインした(らしい)怪獣コンテストあるんですけど、今年は選ばれた怪獣デザイン画、エックスのアーマー&武器になる趣向。

 選ばれたデザインは、『テレビマガジン』賞の「デンパゴン」と『てれびくん』賞の「スケドン」。

 会場のちびっ子達に、事前にどちらのアーマーにしたらいいか、司会のお姉さんが聞いていて、この回では、「スケドン」の「スケドンアーマー」に決定。

 ますはスケドンアーマーを装着して、強敵達と戦う、エックス!

IMGP2457S.gif
↑スケドンアーマーを装着した、エックス。

 しかし、アーマーで強化してきたダークメフィストメフィストに破れてしまう!

IMGP2516L.gif
↑アーマー装着して登場のメフィスト!

 ええーー!?

 すかさず、お姉さんがエールを送るよう、会場の小さなお友達をあおる!

 「がんばれー!」というお友達の大声援に応え、もう片方の「デパゴン」の「デパゴンアーマー」を装着してエックスが復活!

IMGP2537L.gif
↑デパゴンアーマーのエックス。

 なんだ、もれなく、両方装着するのねー(苦笑)。

 メフィストvsエックスのバトルで新機軸だなって思ったのは、白い舞台に、ビルや空や宇宙とか、背景の場面が次々投影されて、セットを組まなくても、組んでるかのような映像が、場面転換なくスピーディーに展開されてること。

IMGP2541S.gif
↑エックスvsメフィスト!
 
 毎年ライブステージをやっているからこその、ノウハウの蓄積から、進化してきたんでしょうな。

 メフィストは見事粉砕されますが、そこからラストに、巨大なタイラントが登場して、ウルトラマンエックス達と、総力戦!迫力ありますな!

IMGP2548L.gif
↑タイラントとの決戦!

 見事解決して、最後は、ウルトラの父とマン&セブンが、したり顔でまとめの言葉を言いに登場。

 父曰く、最初から戦いを見ていたらしいんですが、だったら少しは前線出ろよ、と(苦笑)。偉い人は、常に安全なところにいるもんなんですかねぇーって、現実的なことをふと考えたりして。

 せめて、マンとセブンは、出て欲しかった。
 
 ラストは、変身ポーズを決めて、大団円で終了です。

IMGP2618L.gif
↑決めポーズ! 

 毎度ながら、小さなお友達の「ガンバレー!」の声援には、目頭が熱くなる私。純粋な子供心に、泣けちゃうんだよなぁ。歳取りました。

 そんなわけで、ウルフェス行脚、終了−。

 今年は「超・体・感」のキャッチフレーズなんですが、ジオラマ展示はほんと大迫力なんで、特撮撮影を疑似的にでも、超体感できる良いチャンスです。

 ウルトラマンファン、往年の特撮ファンにも、楽しめるかと思います。いかがでしょーか(ステマじゃないですよん)?

IMGP2318L.gif
↑巨大セブンの前で、撮影も出来ます(無料)。


※「ウルトラマンフェスティバル2015年」宣伝PVです。

ウルトラマンフェスティバル2015 大好評開催中!


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 23:32| 特撮&VFX作品・特撮ヒーロー・怪獣