2014年09月15日

小栗旬主演『ルパン三世』

 現在公開中、小栗旬主演『ルパン三世』を観てきました。実写版の『ルパン三世』ですね。

 以下、ネタバレがありますから、未見の方はスルーして下さい。



img015L.gif
↑パンフレットより。


 マンガやアニメを原作とした実写化した作品は、珍しくなくなった時代です。

 『ルパン三世』は、実は実写映画は、本作は2度目です。

 1度目は『ルパン三世 念力珍作戦』というタイトルで、1974年に劇場公開。主演のルパン役は、目黒祐樹。次元大介は、田中邦衛。銭形警部は、伊東四郎。

 私は未見ですが、DVD化されてます。

 というわけで、今回は2度目の実写映画化。

 私の個人的な感想ですけども、すごく面白かったですね。

 マンガやアニメを実写化したのは、まず失敗したのが多いんですけども、かなり成功していると思います。

 というか、1stルパン(1971年放送版/青ジャケルパン)を観た世代なら、ほぼ確実に楽しめる作品になってると思います。

 後のマイルドになったルパンじゃなくて、改めて、「泥棒」であることを再確認させてくれる『ルパン世界』。つまり、モンキー・パンチが描いた原作マンガの匂い、1stルパンの匂いが、すごく香るんですね。

 個人的には、『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』(2013年)などは、1mmも見る気がしませんから。

 メガホンを取った北村龍平監督は、『ゴジラ FINAL WARS』で良い印象がないんで嫌な予感してたんですけど、良い意味で裏切られたと言いますか、監督の作風と、ルパンの世界観が、合ってたのかもしれません。
 
 それは、北村監督を起用した、山本又一郎プロデューサーのセンスの勝利かもしれません。

 キャスティングも、小栗旬君始め、ほぼイメージ通りで、良かった。

 黒木メイサは、当初は峰不二子じゃないだろーって思っていました。個人的に、好感も持ってない女優でしたし。

 不二子ちゃんは、歌手の谷村奈南が良いと思ってました。彼女の小悪魔的な可愛さは、アニメの不二子ちゃんのイメージに似てると思ってました。

 ただ映画で観ると、黒木メイサのアクションのキレとか、立ち姿、演技力、顔のアップでの画面の保ちとかが、すごいなって思ってて、奈南ちゃんだとどうだったかと思います。

 本作での不二子は、かなり1stルパンに近い悪女の不二子なんで、キツ顔のメイサのイメージが合うんですよね。

 それと、小栗旬(ルパン)、玉山鉄二(次元大介)、黒木メイサ(峰不二子)、綾野剛(石川五ェ門)と横並びで並んだ時、すごく様になるんですよ。すっごくカッコイイ。バランスが良い。

 帰宅後に、今一度モンキー・パンチ先生の画集を見直すと、先生の描く美人画が、黒木メイサ似なんですよね。やっぱり、彼女で正解だったのかも。

 全編タイロケを敢行したことで(タイ王国軍も全面協力)、向こうのスターをバンバン使ったことで、アジアのような、無国籍的ルパン世界が上手く描かれて、成功してると思います。

 難を言うと、銭形役の浅野忠信は、演技がマンガ的というか、納谷吾郎っぽいだみ声を出して、ちょっと不自然でした。

 でもインターポールの警部として、国際的な大悪党モムラーチャオ・プラムック(本作のラスボス)を逮捕するため、あえてルパンに手を組まないかと取引を持ちかけるという、警官らしからぬ悪知恵を働かせたり。

 モンキー・パンチ先生は、マンガでは銭形を切れ者として描いているのに、アニメではピエロのような道化役になっているのを嘆いておられたので、映画版では、上記のようにその辺が多少回復されているでしょうね。

 モムラーチャオのいる要塞基地に潜入する際に、ルパン達をサポートするため、コンピューターハッカーのエンジニアとか、サポートメンバー登場します。ハリセンボン近藤春奈似のおデブちゃんとか(笑)。
 
 ルパンは元々、頭脳明晰って設定ですから、あんまり頭脳系のサポートが回りにいると、キャラが立たないような気がするんですけども、どうなんでしょうか。

 ただこの春奈ちゃんがなかなかのインパクトで、良い味出してるんですね(笑)。

 映画の制作は、TBSが行ったので、大野雄二作曲の、あの有名な曲は、使えません。日本テレビ傘下の映像・音楽会社VAP(バップ)が版権を押さえているので。

 本作の音楽は、布袋寅泰が担当。

 ですが布袋にしては、インパクトがないような、大人しめの印象でした。ルパンの名刺代わりになるフレーズは、彼を持ってしても、難しかったのかも。

 ただ、全編に1stルパンの頃の、山下毅雄サウンドっぽい感じのアダルトな音楽が流れていました。

 映画館内も、親子連れが目立ち、よくお客さんが入ってました。『ルパン三世』のブランド力の強さと、内容が期待に負けてない。

 このクオリティーなら、ぜひ続編作って欲しいですね。


※映画『ルパン三世』予告編 です。

 同時に、『ルパン三世 念力珍作戦』の予告編も貼っておきます。

 時代が変われば、演出の感性も変わるというところでしょうか(苦笑)。その時代時代で、挑戦した結果でしょう。

映画『ルパン三世』予告編

Lupin The Third : Strange Psychokinetic Strategy (1974) // Bande-annonce (VOSTA)

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 18:40| 特撮&VFX作品・特撮ヒーロー・怪獣