2014年08月14日

大ゴジラ特撮展@池袋サンシャイン・ワールドインポートマートビル4FホールA

  ゴジラ生誕60周年、そしてハリウッド版『GODZILLA』大ヒット中のさなか開催中、『大ゴジラ特撮展』へ行ってきました

 場所は、池袋サンシャイン・ワールドインポートマートビル4FホールA。

 会場前に行くと、中から伊福部サウンドが漏れ聞こえます。

 久々怪獣少年、否、中年の血が騒ぎますな〜。

IMGP0408L.gif
↑入り口入ると、すぐにゴジラの巨大しっぽ。

 展示は、着ぐるみ展示や、当時のメカなどのプロップ(撮影小道具)、台本など。

 それらを、昭和シリーズ(1954〜1975年)、平成シリーズ(VSシリーズ/1984、1989〜1995年)、ミレニアムシリーズ(1999〜2004年)という順番で、展示しています。

 基本撮影不可なんですが、所々撮影可能ポイントがあり、私を含め、ゴジラファン男子が熱心に激写しておりました。

 おそらく『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』からの、ゴジラvsモスラの市街戦とか、ミニチュアがよく出来てましたね。

 ちなみに客層は、男性が多いです。40代から上が多い感じ。お一人様か、家族連れ。

IMGP0415L.gif
↑ゴジラ2003(SOSゴジラ)vsモスラ。

 撮影可ポイントは他に、ミレニアムシリーズから、 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』と『ゴジラ FINAL WARS』の着ぐるみ展示。

IMGP0431L.gif
↑バラゴン2001(護国聖獣)。

IMGP0433L.gif
↑キングギドラ2001(護国聖獣)。

IMGP0436S.gif
↑ゴジラ2001(GMKゴジラ)。

IMGP0443S.gif
↑ガイガン2004(韮沢靖デザイン版)。

 驚いたのは、第1作『ゴジラ』で、芹沢博士役の平田昭彦が実際にかぶった、潜水服のヘルメットとシューズが展示されていて、驚きました。赤茶けてましたね。

 いかにも鉄の塊で重そう。よくこれを装着して演じられてたなぁと驚きました。

 また、昭和三十年代の電車のミニチュアや、自衛隊ヘリコプターなど、実に精巧で、これをゴジラが壊しちゃうには惜しいというか、窓の窓枠までしっかり作られてました。

 感動したのは、東宝制作のテレビヒーロー『流星人間ゾーン』(1973年)の飛び人形!こんなの残ってたんですねぇ。この作品では、ゴジラがゾーンの助っ人として客演し、話題の作品でした。

 映像展示では、ゴジラシリーズ全28作の予告編集を上映。

 そして最後は、三式機龍(メカゴジラ)と撮影コーナー。1,000円也。

 撮影の様子を何気なく見ていると、何気に、川北紘一特技監督の姿が!ニコニコしながら、機龍と撮影しているお客さんを見つめてます。

 川北監督は、この展覧会の監修をされてますが、毎日館内を見て回っているんでしょうか。

 私としては、機龍より、川北監督と写真が撮れれば、1,000円払っても惜しくないんですけども。

 仕上げは、ゴジラ百貨店。グッズ販売コーナーですね。

 定番の公式パンフレットと、後は絵はがき二種類をゲット。

IMGP0521L.gif
↑公式パンフ。

IMGP0520L.gif
↑絵はがき。メガロvsジェットジャガーの絵柄と、ミニラ&ゴジラの絵柄。

 なんか、もう一つ魅力的な商品がなかった気が・・・。

 ソフビ関係が充実しているかなって予想してたんですけども、バンダイの「ゴジラ2014」と「ムートー」くらいしかないです。

 しかも、あんまり売れてない。

 やっぱり、日本のゴジラのソフビが良いよなぁ。一応「ゴジラ2014」と「ムートー」は、事前に家電量販店で買っておりますけども(汗)。

 あとは、バンダイのモンスターエッグ。ゴジラやガイガンとかが、タマゴから変形するおもちゃ。

 書籍関係も、めぼしいのは持ってますし。

 他のお客さん達、特に女性は、ゴジラクッキーを買ってましたね。女性は、無駄な記念品は、買わないという(苦笑)。食べられるという、実用性でしょう。

 あっ、食玩で『ゴジラコレクション』全3種のうち、ゴジラ2014だけがダダ余りだったんですけど、私はこれだ買い逃していたので、押さえておきやした。

 展示はまぁまぁ良かったんですけども、グッズはなんか良いの少なかったですね。

 ただ集まったお客さん達が多くて、根強いゴジラ人気を実感しました。
 
 
※ゴジラ映画、全28作の予告編集です。時間がある方は、どうぞ。

 その時々で、作風を変えてきたゴジラ映画の歴史。大人向けと子供向けの間で、脚本のバランスを取りつつ、時にマンネリや、低予算に苦しみながら・・・。

 ゴジラの性格も、人類の敵から味方へ、そして破壊神へと様々に変わって行きます。

 長く続いた要因の1つは、シリーズ3作目『キングコング対ゴジラ』で、いわゆる「怪獣プロレス」路線を発明したことでしょう。


ゴジラ


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 23:10| 特撮&VFX作品・特撮ヒーロー・怪獣