2017年07月20日

暑中お見舞い申し上げます。

SUMMER2017-S.gif

暑中お見舞い申し上げます。

気分転換を兼ねて、久しぶりに、Illustratorのペジェ曲線で、暑中見舞の絵を制作。面倒くさいですね^^;。

塗り残しとか、あとで気づくから。そんな修正も、いちいちペジェ曲線でオブジェクトを作り直さないといけない。

ところで、今年の梅雨はなかったような。。。九州の方は豪雨被害に遭われて、お気の毒なのですが・・・。

関東は空梅雨もいいところで、ダムは渇水だろうなぁ。都心はゲリラ豪雨で、無駄に雨が降るだろうし。なんとかならないものか・・・。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 14:34| 創作・制作日記

2017年06月05日

六つ子達の夏

イラスト最近作。

Mutsugo 2017 S -S-.gif

アニメ『おそ松さん』から、六つ子達の夏をイメージ。

イヤミの車で、図々しくドライブ。

あの、HPの方を見てる方がどれだけいるかどうか分かりませんがー

PCバージョンアップした関係で、HP作成ソフトが対応出来なくなり、そのまま更新出来なくなってます(汗)。


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 20:14| 創作・制作日記

2017年03月26日

不思議な桜の木

 イラスト最近作。

Hato-de-Hat-S.gif

 桜の木にある穴に飛び込むネコ。出口は、通りかかった女の子の帽子でした。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 22:25| 創作・制作日記

2017年01月01日

新年

あけましておめでとうございます。

2017Hiyoko-Jump-S.gif

今年も、よろしくお願いいたします^^。


人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 21:39| 創作・制作日記

2016年12月15日

いま大評判の・・・。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に、猛烈ハマッております。

でーイラスト描いてみました。見てない人には、なんのこっちゃっな絵ですけど^^;。

Nigehaji-10-S-.gif

ヒロイン・森山みくり(演:新垣結衣)と、津崎平匡(つざき・ひらまさ/演:星野源)。

第10話のラストシーンより。

※来週いよいよ、『逃げ恥』最終回。ED曲、星野源「恋」貼って起きます。

星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 10:40| 創作・制作日記

2016年10月06日

ハロウィンの夜

ハロウィンのイラスト。

Halloween’s-Night-Monsters-S.gif

タイトル「最近、TOKYOのハロウィンは、外食しやすくなった」モンスター談。

ハロウィンの仮装で溢れた都内の人混みにまぎれてラーメン食べに来た、モンスター達です。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 18:42| 創作・制作日記

2016年08月06日

暑中お見舞い。

 暑中お見舞いイラストです。

Syocyu-Omimai-2016S.gif

 比べてはいけないんだけど、他の女の子を描いているイラストと比べて、やっぱり色っぽさとか諸々、下手だなって感じる。。。

 ここのところ、暑さが本格的になってきて、外にいられないくらいですね。陽射しが殺人的。参ってしまいます。

 皆様におかれましては、ご自愛下さい。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 11:08| 創作・制作日記

2016年07月18日

ウルトラマンシリーズ誕生50周年記念

 7月17日は、『ウルトラマン』の第1話が放映された日。あれから、50年が経ちました。

 ということで、ウルトラマンシリーズ誕生50周年を記念して、イラストを描いてみました。

ULTRAMAN-50th-S.gif

 『ウルトラマン』楳図かずおタッチで描きました。

 楳図版『ウルトラマン』は、独創的なタッチや場面が多いんですけど、その中でも私が印象深いのは、ウルトラマンが手のひらに「ガソリン+過酸化水素 大爆発」を炭で描いて、人々に避難を促すシーン。

 その場面を元に、50周年のイラストにしたわけです。

 分かる人には分かるというか・・・。分からないですかね(苦笑)。

 私にとっては、思い入れのあるウルトラシリーズは、『ウルトラセブン』なんですけど、ここは初代を描こうかと。楳図ウルトラのネタを思いついちゃったし。

 3歳の時、『ウルトラセブン』の最終回を見て号泣して、私のウルトラ好き、怪獣物好き、日本特撮好きが決定的になりましたね。審美眼とか、そこまで入っちゃったかもしれない。

 「三つ子の魂百まで」とは、よく言ったものです。

※昭和ウルトラマンのOPメドレーを貼ります。ウルトラマン〜80(エイティ)、プラスアルファでゾフィ、そして名曲「ウルトラ六兄弟」。

昭和ウルトラマンOPメドレー

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 10:01| 創作・制作日記

2016年06月23日

かみなり君の水浴び

 イラストの最近作です。

Kaminari-2016-S-.gif

 タイトルは、「オイラだって水浴びしたい」。

 雷のオイラだって、暑い日は水浴びしたい。象の水浴びに、飛び入り参加の図です。


※声優・村上梨衣、愛称りえしょんの曲、「Baby, My First Kiss」(2016年)です。

 美少女さんですが、しゃべるとシッチャカメッチャカな彼女が、楽しいです。

Baby, My First Kiss / 村川梨衣

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 21:29| 創作・制作日記

2016年04月01日

映画『仮面ライダー1号』

 映画『仮面ライダー1号』を観てきました。

 『仮面ライダー』誕生45周年記念映画。

 以下、ネタバレ含みます。ご注意下さい。


img088S.gif
↑映画チラシ。

 主演は、栄光の仮面ライダー第1号=本郷猛。すなわち、藤岡弘、。

img089S.gif
↑本郷猛(演:藤岡弘、)。

 共演は、現役の仮面ライダー、仮面ライダーゴースト=天空寺タケル(演:西銘駿)。それと仮面ライダースペクター=深海マコト(演: 山本涼介)。

 ヒロインは、かつて共にショッカーと戦った立花藤兵衛の孫、立花麻由(演:岡本夏美/元おはガール ちゅちゅちゅ)。

img090L.gif
↑立花麻由(演:岡本夏美)。

 本郷は、藤兵衛の遺言で、両親のいない麻由を娘のように庇護することを託されている。

 現在70歳の藤岡さんが、本郷猛を、貫禄たっぷりに演じる。

 恰幅が良くなったものの、とても70歳とは思えないアクションの切れ!さすがだった。歴代のヒーロー役者で、70歳でこれだけアクション出来る役者は、彼くらいでしょう。

 変身した仮面ライダー1号は、リニューアルデザイン。

 肩パットが入った感じで、胴回りも太めになっている。見た感じはライダー1号だけれども、全身に鎧をまとったような感じ。

 やはり藤岡さんが恰幅が良くなったので、さすがに変身後が、昔のライダーのシュッとした昔のシルエットのままだと不自然。

 本郷猛は、海外の紛争地域で戦いながら、三年ぶりに麻由の元に帰ってきたという設定なので、その間にバージョンアップしたという脳内補完すべきでしょう。

 変身ベルトも、従来の楕円形デザインから長方形のゴツイ形に変わり、変身ポーズとともに左右にカバーが開閉し、中央にタイフーンが現れて回転し、変身完了する。

 麻由は、1人暮らしをしながら、高校へ通う。放課後は、花屋でバイトの日々。

 海外の紛争地域を回ったとか、色々設定などに、役者・藤岡弘、のリアルな体験を、入れ込んでいるのが、本作のテーマになっています。

 すなわち、命の大切さ、尊さ。

 今、この瞬間でも、誰かが命を落としている。だから、命を粗末にしてはならない。

 なぜ、紛争が起こるか。自然破壊が起こるか。人間同士のエゴがぶつかり合うから。

 そこを、藤岡さんは、この映画で訴えたいようです。

 本郷が三年ぶりに帰国し、麻由の元に帰ってきたのに、彼女は許さなかった。

 三年間、自分を一人ぼっちにしたから。

 ただ本郷がなんのために戦い続けてきたか、麻由は理解する。自分一人を守るんじゃなくて、みんなを守るために、猛はいるんだと。

 実は、何故本郷が彼女の元に帰ってきたかと言うと、死期が迫っていたからであった−。長年の激闘で、身体がボロボロになっていたのだった。最期に一目、麻由に会っておきたかった。

 そんな麻由には、ショッカーと、そこから分派したノバ・ショッカーが、彼女を狙っていた。

 麻由の身体には、アレクサンダー大王の眼魂(アイコン)が眠っているからだった。

 眼魂は、『仮面ライダーゴースト』の世界設定なんですが、古今東西の偉人達(宮本武蔵とか、トーマス・エジソンなど)の魂が宿った眼球状のアイテム。それらの眼魂の力を使って戦うのが、仮面ライダーゴーストであり、スペクターです。

 ショッカーの地獄大使(演:大杉漣)は、アレクサンダー大王の眼球と一体化し、仮面ライダー1号と戦おうとしていた。

 ノバ・ショッカーも、どうやら世界を掌握するために狙っているらしい。まずは、日本経済を支配するため、電力会社を装っている。

 麻由を守ろうとする、カケル達。そして本郷猛。
 
 奮闘するも、ショッカー・地獄大使に麻由は拉致される。本郷は死期が迫る中、決死の変身で、激闘の末、麻由を救う。だが麻由の中のアレクサンダー大王の眼魂はショッカーに、更にノバ・ショッカーへと奪われてしまった。

 本郷は絶命−。

 本郷は火葬され、その場で悲嘆に崩れる麻由。

 その時、奇跡が!

 火葬された炎の中から、本郷が再び息を吹き返した!

 ヒーローは死なず!

 太古から未来まで、命は連綿とつなぐ物。生きて生きて、生き続ける。藤岡さんのメッセージが、ここに込められてると思います。

 そして、仮面ライダーは、死んじゃいけない。

 映画のエンドロールが流れた後に、本郷猛=仮面ライダーから文字と声でメッセージが。

「ライダーは、いつも君たちのそばにいる。だから、生きて生きて、生き続けろ」

 なんか、目頭が熱くなったなぁ。

 死んだ人が生き返るなんて、ヒーロー物のご都合主義ではなく、ちゃんとしたテーマがあると解釈すべきでしょう。

 簡単に死んじゃいけないし、死を美徳としちゃいけない。

 命を引き継いでいく。そんなメッセージでした。

 それと、本郷猛から、現役のライダー=天空寺タケルへ語りかける眼差しに、役を越えた何かがあって、ライダー役者としての心構えを託した感じでした。

 これからずっと、ライダーだったことを語られ続ける人生ですし、憧れの眼差しで見られるわけです。

 生き様を見られるわけですから、人としてしっかり生きるんだぞという意味もあったと思うんですね。

 ライダー1号からゴーストへ、ヒーローとしての遺伝子が受け継がれた、そんな作品だったと思います。

 エンドロールで、1号ライダーが、新しいサイクロン号に乗って疾走するシーンが流れるんですけど、そこはなんか、『仮面ノリダー』のOPっぽくて微妙でした(苦笑)。

 今回のライダー1号は、前述の通り胴回りが太くゴツいデザインなので、前傾姿勢がとれず、乗ってる姿勢が上半身直立でオジサンっぽいというか、カッコ良くないんですね。

 それはまぁ、些細なことですけど、全体としては、良い作品でした。


※映画『仮面ライダー1号』予告編です。

映画『仮面ライダー1号』予告編

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとお願いします<(_ _)>
posted by 諸星ノア at 23:58| 特撮&VFX作品・特撮ヒーロー・怪獣